【馬】オークス出走馬の前走振り返り

予想


さっぱりダメな@bla_tanです。そろそろ挽回させてもらえないでしょうか・・・(マジで)

以下は自分が検討するために書いてみた前走振り返りです。

スポンサーリンク

前走が桜花賞の馬

ジェンティルドンナ(1着)

桜花賞は10番枠。スタートは普通。サウンドオブハートが来たときに掛かりそうになるが、抑えた。これといって無駄に力を使うことなく、中団に付けて直線。あとは持ち前の瞬発力を生かして勝利。

もっと前に付けて、直線ほんのちょっとだけ脚を使うタイプ・・・と思っていたが、桜花賞を見ると、長く脚を使っている。道中折り合いが付いて、無駄な脚を一切使わなかったところも大きいと思う。外枠となる今回はそれができるのかどうか。

ヴィルシーナ(2着)

桜花賞は外目の15番。出していった・・?のかな。出していったので、外の馬と一緒に上がっていきそうになったが、難なく折り合いはついたように見える。直線はアイムユアーズに一端交わされるが、持ち前の長く続く脚で差し返した。

こうして桜花賞を振り返ってみると、やはり瞬発力勝負には向かない。ヴィクトリアマイルの日にローラーでもかけたのか、あの日以来速い時計が出るようになっている。この事実は速い時計がないこの馬には課題になりそうだ

アイムユアーズ(3着)

11番。やや出負け気味。遅れたのはすぐ取り戻したが、やはりロスはロス。その分と直線で3頭の真ん中で挟まれた分が桜花賞の差か。

折り合いに不安はなさそうだから、牝馬同士の2400mならこなすか・・・?

メイショウスザンナ(5着)

7番。スタートして下げて、あまり距離をロスせず、脚も使わずに回って、直線ジリジリジリジリ伸びる感じで5着。下げすぎの気もするが、行ったらそこまで脚がなかったのかも知れない。

4着のサウンドオブハートとはあまり差がないものの、上位とは差がついていて騎手が乗り方に満足している以上、1600mでの逆転は難しいように感じる。距離が延びるのに活路を見いだせるのか・・・?

トーセンベニザクラ(7着)

14番。やや遅れたが、外枠だったし、むしろ良かったのかも知れない。道中は馬群に入れなるべくロスしないような乗り方。4角での位置取りは勝ったジェンティルドンナの後ろくらいだった。そこから突き放されているので、これを逆転するには距離延長の強みか、あっと驚く成長が必要に見える。

サンシャイン(10着)

4番。ちょっと遅れてしまったせいもあるのか、もっと行くと思っていたが、好位止まり。直線は前が壁になり、エンジンが掛かるのに時間が掛かるこの馬には厳しい展開になり10着。そういう意味では力を発揮できなくて負けた、といえる?

ワンカラットの下と言うこともあって、正直、距離はどうかと思うんだけど、いつでも動ける位置にいれるのならば??? 馬体も結構似ているように見えるけど、父がファスリエフからハーツクライ変わってマイルまでは勝ち鞍があるが・・・。

オメガハートランド(12着)

3番。スタートが下手なのか、ダッシュがつかず下がる形に。さらにかかりそうになったのか、引っ張っているシーンも。以降は内枠がアダになり、動けないかった。結局4角で後ろから3番目。そこから追い込んでこようとしたが、前が壁になり、進路変更。内に切れ込んだが、さして伸びず・・・。全体を通して力を発揮した感じがしない馬体重が10kg減っていたこととも関係があるのか・・・?

マイネエポナ(13着)

8番。スタートはいい方だったと思う。積極的な競馬で道中は2番手の外目に位置していた。直線入り口でアラフネが寄ってきたのが若干影響したか・・・? 瞬発力がさほどないこの馬にはブレーキは痛かったと思う。 ヴィルシーナとアイムユアーズにはアッサリ交わされたが、そこからズルズル・・・というわけではなく、思った以上には粘っているように見える。

エピセアローム(15着)

2番。桜花賞は正直、本命も考えていたんだけど・・・。

スタートは普通に出たいい位置に付けられそうだったけど、ちょっと掛かっていたか? 直線に向いてスッと反応したと思ったら、その後がサッパリ・・・。馬場の内外の差もあるだろうけど、それにしても負けすぎでは・・・? ピークを過ぎていたのか? 小倉2歳で自信満々で◎にして勝ったこともあり、距離が短くなる分には心配してなかったが、長くなる分には心配

フローラS

ミッドサマーフェア(1着)

6番。スタートは普通かな。今まで以上に前に付ける形(中団より前)。600mの標識の所でゴーサインかな? 早いのでは・・・と思ったが、父親譲りの長くいい脚。これまでは先頭に立つと若さを出したが、前走で学んだのか、前走と同じく突き放す形に。いくら相手が弱いとは言え、これは強い! クイーンCの頃から比較しても、凄く成長してるのを感じる。折り合いも問題なさそう。

アイスフォーリス(2着)

10番。ほんの少し掛かり気味?な感じで2番手。切れる脚もないし、そのままなだれ込みたい所だが、ミッドサマーフェアにはアッサリ交わされた。それ以外にはなんとか交わされずにすんで2着。

追い切りの所でも書いたような気もするけど、この馬の走法はあまり好きではないそれであれだけ粘るんだよなあ・・。ポテンシャルそのものはかなり高いのかも

ダイワデッセー(3着)

5番。まずまずのスタートを切って、いい位置に。そのまま内でい位置をキープしていたが、直線で前とのスペースがあまりなく、大跳びなこの馬にはそのスペースを抜けるだけの瞬発力がなかった。2着馬の枠ならまた違ったんじゃないかな

サンキューアスク(13着)

12番。この馬は前走・・・じゃないか。中団の外目を追走。4角も大外を周り、かなり後ろに。さすがに話にならなかった・・・。

前走は8頭立てで最後方から競馬。前が有利な日だったが、見事に差し切った。今と違い、上がりが掛かる馬場なのも良かったのかも知れない。

チェリーメドゥーサ(18着)

17番。この枠の時点である程度負けるのは覚悟してたが・・。掛かり加減で後方から。サンキューアスク同様、外を周り・・・(以下省略)。不利だったのは考慮しても、思い切った競馬をしないと上位は難しいだろうね。

スポンサーリンク

忘れな草賞

キャトルフィーユ(1着)

桜花賞の前の日で、12頭立ての11番。外からジワジワ進出し、2角ではもう2番手。直線の入り口で先頭に立ちそのまま押し切り。それほど瞬発力があるような走りに見えないんだけど、後続が来たら突き放していた(ペースが遅かったのもあると思うが)。走法からは距離延長でプラスになるイメージは沸かないが・・・

スイートピーS

ダイワズーム(1着)

7番。内目の好位で溜め、直線二枚腰な感じで差し切った。走法からすると今の東京にも合いそうな感じの馬。しかし、なんで北村騎手じゃないんだろう・・・。ここは所属騎手にチャンスを上げた、というところなのかな?(現時点で明日、三浦騎手が乗れるかどうか不明)

ココロチラリ(2着)

14番。いい感じに出て、3番手に付けるが、その後上がっていって、内に入れたときあたりは掛かっていた? その後は内でジッとして脚は溜められたのか、いいところまで粘った。頭が高いし、距離はこれくらいが限界なのかな?

スポンサーリンク

NHKマイルC

ハナズゴール(7着)

桜花賞を回避した後に出走したNHKマイルCは急遽出走することになったせいか、追い比べで見劣った。それでも、一瞬の脚は凄かった。あれが本来の状態であれば、カレンブラックヒル以外には勝っていたかも知れない。・・・なので、このレースの内容としてはそれなりに評価できると思う。

でも、オークス制覇を狙うんならプリンシパルSとかを使った方が良かったんじゃないかなぁ・・・。マイルの後の2400だけに掛かりそう・・・。